オール電化 住宅

オール電化住宅は、1980年代後半からモデルハウスの展示が
行われるようになりました。

1990年には時間帯別電灯料金制度が導入され、
料金面でもオール電化住宅の導入メリットが大きくなりました。

オール電化住宅は、家庭内の全ての熱源を電気でまかないます。

エアコン、IH調理器、エコキュート(または電気温水器)、
(またはラジエントヒーター)、
蓄熱式電気暖房器または床暖房システム
(電熱式、PTC式、蓄熱式、またはヒートポンプ温水式)などを
組み合わせています。

オール電化住宅は、火災リスクが少ないメリットから
住宅ローンの金利優遇を行う金融機関や、
火災保険の特別割引を行う保険会社もあります。

また、オール電化住宅の中には、リフォームの際に一部分のみを
電化機器に置き換えるポイント電化を行うケースもあります。

オール電化住宅は、失火による焼失を嫌う賃貸住宅等に
多く採用されており、 「安全」「クリーン」であるとして、
オール電化住宅が注目されています。
posted by オール電化住宅 at 14:41 | オール電化 住宅 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。